atamalabo

menu

教えてほしい、その違いとは?

こんにちは

 

今回はよく質問される【コテ】についての

違いを、hair conciergeからお伝えしたいと思います。

 

人気のヘアビューロンとクレイツの特徴をお話ししますね。

 

 

ヘアアイロンで髪の毛が傷む原因は、やっぱり「熱」です。

髪の毛に熱を与えると、髪を構成しているタンパク質の構造が溶けて壊れます。(タンパク変性)

ヘアアイロンはタンパク質構造を熱で一度壊すことで髪の形を変えることができるんですが、同時に髪の毛を守っているキューティクルが剥がれてしまっているんです。

毛先が乾燥して、枝毛や切れ毛、うねりが多い人は、キューティクルが剥がれて髪の毛の水分を保てていない状態になっています。

それでも、パサついてうねった髪のままではいられないので、髪が傷んでしまっている人ほどヘアアイロンを手放せなくなる悪循環になってしまっている人も多いと思います。。。わたしもそうでした

 

 

【ヘアビューロン】

 

ヘアビューロンの髪を挟み込むプレート部分には、バイオプログラミング技術が搭載された特殊セラミックスが内蔵されています。

普通のコテは「熱でタンパク質を壊す形をつけるその形でタンパク質が固まる」という仕組みで髪を巻いたり伸ばしたりしているんですが・・・

その代償に「キューティクルもはがれて水分が抜け、ツヤや潤いがなくなる」という状態になります。

ヘアビューロンはバイオプログラミング技術で「タンパク質の分子に直接働きかけて、水分子を固くしながら髪の形を作る」ので、水和水が固くなることでタンパク質が安定し、形を作りやすいだけでなく髪の潤いも守ります。

髪を水和水で保護しているから熱で髪が傷みにくいだけでなく、ツヤや潤い、毛先のまとまり、キープ力などプラス@の効果も期待できるということですね

また、特殊セラミックスのバイオプログラミング効果は触れるだけでも効果があるので、電源を入れて温めず冷めた状態でも使用できます。

巻き髪はできませんが、電源を入れずにヘアビューロンに髪を滑らせるだけでストレートにまとまりやすくなりますし、顔に使うとリフトアップや肌の引き締めなんてことにも使えるんですよ(^^)

 

 

 

バイオプログラミングとは?

 

簡単に言うと「髪や肌の細胞を構成している分子そのものを活性化する技術」です。

 

 

バイオプログラミングの原理を簡単に説明すると、髪の毛のタンパク質構造に働きかけて、細胞を活性化しているようなイメージだそうです。

でも、髪の毛の細胞は生きていないので、髪から伝って頭皮に働きかけるような感じ、と言っておりました。

頭皮の細胞が活性化すると、髪の毛に栄養がいきやすくなるので、髪の毛の密度も増えてキレイになるというような。

頭皮の細胞に働きかけているってことなので、ヘアアイロンよりもドライヤーのほうが直接頭皮にあたるので効果を実感しやすいみたいですね。

 

ヘアビューロンは、単なるヘアアイロンではなく、ヘアアイロンの機能をもった美容家電で、元々髪を健康にするための機器なんですね。

だから、髪にダメージが少ないのは当然のことですね

 

 

髪の毛の傷みが気になる人でアイロンの使用頻度が高い人には本当オススメなアイロンです。

 

巻き髪を作るのが苦手な人も、普通に巻くだけでも仕上がりがすごく綺麗になりますし巻き直しできるから、簡単にアレンジできて良いと思います

 

【クレイツ】

 

髪の毛が触れるパイプ部分に、髪滑りが良く耐久性の高い「クレイツイオン加工」という独自技術を使用しています。

 

クレイツイオン加工とは?

 

「クレイツイオン」とは 世界の活火山の約7%が集中する火山大国 日本。 火山から生み出される、たくさんのミネラル元素を含んだ 天然鉱石を厳選・粉砕し独自の研究により、 ヘアアイロンやドライヤーなど、製品毎に最適なバランスで配合し、加工しています。 製品を使用した時に感じられるしっとり感、ツヤ感、サラサラ感は、 実は、自然界のチカラを応用したものなのです。

 

使いやすさ重視の人はクレイツがオススメです

 

♦︎ 高温でしっかり巻きたい

♦︎ 忙しい朝でもササッと巻きたい

 

 髪質や求める仕上がりで選んであげるのがおススメです。

 

参考にしてみてくださいね

 

私の髪にはどっちだろう??

 

迷った時はいつでもご相談くださいね