atamalabo

menu

オーガニック

 

こんにちは
 
hair  concierge   加藤里菜です


【 オーガニックとは有機、有機栽培 】

オーガニックの食材と言うと、一般的には化学農薬、化学肥料、化学土壌改良材を

2〜3年以上使用せず、有機質肥料を使って栽培された農産物を指します!



有機質肥料とは、動物の糞や植物などから作られる肥料なのですが…
農薬を使用しなければ農産物に重大な損害が生じる危険があるなど
やむを得ない場合に限り有機JAS規格で認めている農薬を使用
することができます。


また、遺伝子組み換えの種は使用しない、畜産物の飼料も有機であることなど
様々な厳しい基準があります。


【オーガニックにはルールがあります】

農林水産省は、農業による自然循環機能を維持増進させるため、
化学肥料や農薬の使用を避けることを基本とし、土壌が本来持っている力を発揮させ
農業生産による環境への負荷をできる限り減らした栽培管理法で生産することなどを
オーガニックの原則としています。

農薬や化学肥料などの化学物質に頼らず、自然界の力で生産された

「有機農産物」

「有機加工食品」

「有機畜産物」

「有機飼料」 

の4つのカテゴリーに、オーガニックの基準を定めています。


有機JAS規格(オーガニック基準)
日本ではオーガニックの基準として、農林水産省が定める「有機JAS」という規格があります。


農産物や加工食品をオーガニックと表示・販売する場合、登録認定機関の検査と認証を受け
有機JASマークを取得することが義務付けられています。


【有機JASマーク取得基準の代表的なものは以下です】


♦︎認められた肥料や土壌改良資材のみで土作りをすること

♦︎周辺で使われた禁止農薬や禁止肥料などが入ってこないようにすること

♦︎有機栽培を2〜3年した後の田畑で生産すること

♦︎有機栽培された種や苗を使用すること(どうしても手に入らない場合は、有機栽培に近いものを使用することができる)

♦︎遺伝子組み換え技術は使用しないこと

♦︎認められていない農薬を使用しないこと

♦︎収穫後も有機以外のものと混ざったり、薬品などで汚染されないように管理すること

食品基準レベルのオーガニック商品は、単に毒性がないというだけではなく
肌にとって良いですし、また、環境に戻っても安全ですし私たちの

♦︎ 土
♦︎ 水
♦︎ 空気

を守ることにもなります。

カラダが健康になるとお肌だけではなく
髪もハリコシ、艶が出てきます!

髪はカラダの中で一番、最後に栄養が届くので食事の大切さを見なおしましょう


hair concierge    加藤里菜