atamalabo

menu

【 予防美容と睡眠の関係 】とは?

Hair  concierge  加藤 里菜です。

 

悩んでいる方がとても多く『髪の毛にも大切な睡眠』についてのお話をしますね!

 

質の高い睡眠を十分に取ることも『予防美容』にはとても大切なことです。

 

しっかり眠ることでお肌が疲労を回復し、翌朝、ハリやツヤを感じられるのです。

これはやお肌も髪も同じで深く関係しています。

 

睡眠中に分泌されるホルモンのうちで美容と関係の深いホルモンは

 

成長ホルモン

 

*メラトニン

 

*セロトニンの 3つになります。

 

♦  メラトニン  

 

脳の松果体(しょうかたい)と呼ばれる部分から分泌されるホルモンで、「睡眠ホルモン」とも呼ばれています。

メラトニンには、眠りとの関係以外にも抗酸化作用があります。

(そのためシミやしわなどお肌の老化を防いでくれます)

  

♦ セロトニン  

 

人間の精神面に大きな影響を与えるホルモンです。

セロトニンは、心身の安定に関与するため、『幸せホルモン』とも呼ばれています。

そんなセロトニンが不足すると、精神が不安定になりうつ病や不眠症などのリスクが高くなってしまいます。

 

そんな状態ではストレスも大きくなり、女性ホルモンが乱れるなど、お肌にも悪影響があります。

睡眠不足になると免疫力や回復力を発揮することが出来ず、体調も肌の調子も整えることができないのです

 

昼間は活発な活動のために、内臓器官などにエネルギーがたくさん使われますが、夜になるとお肌の回復を促します。

 

その際に必要なのが

 ♦ 成長ホルモン

 

夜になって脳から成長ホルモンが脳から分泌されると表皮の新陳代謝が活発化します!

つまり、お肌のターンオーバーが進むのです!

 

成長ホルモンは、睡眠後の23時間で最も活発になると言われているので、眠る間から熟睡できる環境を整えることが大切です。

 

 

お肌は、日中、紫外線や『活性酸素』乾燥、有害化学物質などの外部環境から、全身を守るバリアとして一生懸命働いています。

 

お肌のバリア機能は、お肌だけのためにあるのではなく

みなさんが活発に活動している時に、お肌も身体全体を守っているのです。

 

そのため、昼間は身体の中での『活性酸素の発生する量が増えてしまい、これをそのまま放置すると

【 お肌の酸化 = お肌の老化 】が進んでしまうのです。

 

また、起きて活動している間は、血液のほとんどが脳に集中するため、お肌には栄養がいきわたりません!

 

そこで、必要なのが夜の休息や十分な睡眠です。

もともとお肌には、夜に傷んだ細胞やDNAを修復させる力が備わっているのですが、そのために必要となるのは、睡眠時に多く分泌されるといわれる『成長ホルモン』になりますぐっすり眠ると疲れが取れるのは、睡眠中に『成長ホルモン』が身体のメンテナンスをしてくれます

 

『成長ホルモン』は、血行をよくして肌の老廃物を取り除いて、表皮のターンオーバーを正常化するはたらきもあります

 

また、お肌の内側にある線維芽細胞(コラーゲンやエラスチンなどの美肌成分をつくり出す細胞)を活性化して、新しい細胞が生まれるようにがんばってくれます。

 

つまり、睡眠中は、お肌の新陳代謝が活発におこなわれるというわけですね

 

『成長ホルモン』は、筋肉の発達や体の代謝、皮膚のターンオーバー、健康な髪の成長にも関係しています。

髪の主成分であるケラチンとよばれるタンパク質は、『成長ホルモン』のはたらきによって合成されるので、成長ホルモンが十分に分泌されると健康な髪を維持することができるといわれています。

 

そんな睡眠は、アメリカの研究でも日本の研究でも、6.5時間から7.5時間が理想的と考えられています

 

夜寝る前は、入浴することで交感神経から副交感神経へ切り替わることで、頭皮もリラックス状態へ

もっていくことができます。

質の良い睡眠をとれるように『入浴』を心がけてみてくださいね

 

 

毎日のちょっとした 積み重ねが『美髪』にも『美肌』にも大切になってきます

 

atama laboでは、私達Hair conciergeが髪に深く関わる『カラダ.健康』のこともサポートさせていただきながら

根本改善していきます。

今までにない最先端の美容と医療の技術で納得の仕上がりにご満足いただいております。

髪の毛のプロへ安心してお任せください。

 

一緒に健康な美しい髪にしましょう

Hair  concierge  加藤 里菜