ADDICT CARE

menu

【 誰も教えてくれない髪の毛の常識 】経皮から吸収される毒、経皮毒とは?!?!

atama.laboスタッフの小島です。

前回の記事でお伝えした、カラー剤の新常識ですが、

今回【 誰も教えてくれない髪の毛の常識 】カラー剤に含まれるジアミンそして経皮毒についてのお話。

 

ヘアカラーやパーマって妊娠中にしてもいいの?

こんな仕事をしていると友人・知人からこんな質問をされることがあります。

「ヘアカラーやパーマって妊娠中にしてもいいの?」と

 

結果からお伝えすると、妊娠中にカラーやパーマは行わない方が良いです。

その原因が、カラー剤に含まれるジアミンや合成界面活性剤が経皮吸収してしまうから。

科学的に合成された成分が、皮膚から吸収されることを経皮毒といいます。

 

口から入る毒は経口毒。
肌から入る毒は経皮毒。

■経皮毒とは

ヘアカラー剤、シャンプー、コンディショナー、化粧品、歯磨き粉、洗剤などに含まれる合成界面活性剤が肌を通して吸収されることを経皮毒といいます。

合成界面活性剤とは、本来水と油のように相反するものを、混ぜ合わせるのに役立ち、汚れを落とす洗浄剤の働きをします。

通常、細胞膜は分子量の大きな物質は通さないという性質を持っており、それが異物の浸入を防ぐバリア機能となっていますが、合成界面活性剤などの可化学成分は相反するものを混ぜ合わせるため、分子のサイズが非常に小さく、肌のバリア機能をすり抜ける、もしくは角質層が破壊され、直接真皮層にある毛細血管まで到達すると言われています。

そして、血中に合成界面活性剤なのどの化学物質が血管を通し、子宮蓄積されやすいと言われています。

参照:http://love-theearth.com/necessities/necessities09/

 

界面活性剤については、別の記事で詳しく説明しているのでこちらへ

 

【界面活性剤の危険性とは?①】

【界面活性剤の危険性とは?②】

■誰しも起こりうるカラー剤のアレルギー反応

口から体内に取り込んでしまう経口毒は、日常生活を送っていれば約90%は体外へ排出されるそうですが、

肌から体内に取り込んでしまう経皮毒は、同様に日常生活を送っていても10%しか体外に排出されないと言われています。

 

さて、経皮毒や合成界面活性剤について書いていきましたが、そんな中でもカラー剤に含まれるジアミンは化学染料です。

ジアミンは少ない色素で濃い染料を作れることから白髪染めやヘアカラー剤の欠かせない成分となり、アレルギー反応を起こす恐れがあるため、劇薬に指定されています。

ジアミンをヘアカラー剤として使用することを禁止されている国もあり、頭皮だけではなく、経皮毒によって体の中にも影響を与える可能性があります。

 

頭皮から化学合成分が吸収され、血中に入り込み体内に蓄積されていくジアミンが、ある一定量を超えてしまうと体内のバリア機能が過剰に反応し、ジアミンアレルギーが発症します。

 

現代病の花粉症と同様、ある一定量に達すると発症します。

その良い例が、SM〇P中居君・・・「SM〇P中居 アレルギー」で検索してみてください。

 

■もしかして、、、一定量はすぐそこ?

なにこれ、ジアミンめっちゃ怖い!と小島も脅えています。

その理由が10代からヘアカラーを繰り返し毎月行い、散々ブリーチやハイライトを入れ続け、毛髪検査があれば染料の濃い黒染めを行い「すぐ色落ちしちゃう!」という理由から、さらに染料の濃い白髪染めで黒染めを行い、長期の休みが来れば、「いぇーい!夏休み\(^o^)/金髪じゃ!ガンメッシュじゃ\(^o^)/」なんて、ブリーチを行い・・・・。

 

一定量に達するのって、もしや早いのでは・・・( ゚Д゚)

 

花粉症と同様、昔はそれほど多くなかったアレルギー発症者ですが、

私たちが40代、50代となった時に、ジアミンアレルギーは発症者はかなり増加しているのではと脅えております。

 

だから「オーガニック」が一番良いということですね!

オーガニック食品・オーガニックハンドクリーム・オーガニックシャンプー・オーガニック化粧品・布ナプキン・・・

オーガニックだらけでうんざり。と思っていましたが、改めてオーガニックの大事さが身に沁みました。

 

でも、オーガニックに騙されないで!

詳しくは次回【 誰も教えてくれない髪の毛の常識 】エセオーガニックに騙されるな!

 

atama.laboでは、

毎日のケアのアドバイスや頭皮状態の根本改善をおこなっております。

分からないことや気になることはどんどんとお聞きください!

私で分からないことがあれば管理栄養士や再生医療学会からの

しっかりとしたバックアップ体制もございますので

普段のライフスタイルから改善できるようにサポートもさせていただいております!

究極のエイジレスを目指してご一緒に頑張りましょう!!

 

atama.labo 小島