ADDICT CARE

menu

【人を魅了する!?目に見えないフェロモン!!】

hair conciergeの西村です。
今回は前回のホルモンに引き続き、フェロモンってなんなの?
というところにクビを突っ込んでいきたいと思います。

フェロモンとホルモンの関係って?
フェロモンは女性ホルモンや男性ホルモンから、作り出されるものの一部です。ホルモンは体外に放出されることは、ありませんがフェロモンとは体内で分泌され、体外に放出されるものです。
女性ホルモンは髪や肌にツヤを与えたり、健康でハリのある体つきにするために必要なものです。その中でも女性ホルモンから分泌されるエストロゲンがフェロモンに関わってきます。
エストロゲンが多く分泌さることでフェロモンの分泌も多くなり、女性的な魅力を最大限に引き出してくれくれるのです。なので、フェロモンと女性ホルモンは深くかかわっているということなのです。

 


■フェロモン
フェロモンとは、異性を惹きつける性フェロモンだけでなく警報フェロモンや集合フェロモンなどいろいろな種類があります。
ですが、汗やかくことで発する匂いの中にフェロモンがあり異性への関心を高めます。フェロモンは体外に放出されることで、作用するものです。
「なぜかこの人に魅力を感じるな。」なんて思うことがあるのであれば、それは相手の放っているフェロモンのせいなのかもしれません。
■エストロゲン
エストロゲンとは排卵期に多く分泌されるホルモンです。男性のほとんどはエストロゲンの匂い魅力的だと感じ、エストロゲンの分泌が多い時期に男性を引き付けるフェロモンを放出します。
エストロゲンは、女性らしいボディラインにしてくれる働きや、肌のハリやツヤを作くってくれるホルモンでもあり、 エストロゲンの分泌が多くなることで女性らしさが増していく役割をしてくれます。
エストロゲンと、フェロモンは大きく関係しています。健康な状態でなければフェロモンが出にくくなります。
エストロゲンはリラックスしているときに分泌されやすいので、ストレスを感じているときや過度の過労、睡眠不足、運動不足、冷え、喫煙などの悪循環が重なることで分泌されにくくなります。
フェロモンを出すには?
フェロモンは、健康な状態であればしっかりと放出されるものです。ですが不摂生で生活習慣が乱れてしまっているとなかなか魅力的には見えませんよね?健康状態を整えて見た目も魅力的になることで、フェロモンも沢山分泌されます。
■生活習慣
正しい生活習慣を行うことで、体も健康になりホルモンのバランスが整います。適度な運動をして、睡眠をしっかりとりましょう。フェロモンを促進するうえで、適度な運動により汗をかくことはとても重要です。
男性が魅力的と感じる匂いは実は、女性の汗なのです。不摂生がたたって健康的でなく臭う汗ではなく、サラサラとした健康的な汗の匂いに男性はフェロモンを感じるのです。日ごろから、健康的な汗をかくことによって女性フェロモンを出すことに繋がるのです。
生活習慣には成長ホルモンの分泌も大きく関わっています。成長ホルモンは、免疫細胞を作り疲労回復させる役割がありますが、不摂生が続いたりすることで体の疲れが取れず免疫力が低下してしまいます。
こうなることで女性ホルモンが、うまく分泌されなくなってしまいます。良質な睡眠を取る事や、栄養バランスの取れた食生活を心がけることがとても大切になってきます。

 


■食べ物
フェロモンを出すためには女性ホルモンが大きく関係しているため、日ごろの食生活同様食べ物はとても大きく関わってきます。
女性ホルモンを分泌させる食べ物の中には、卵(タンパク質)、牛肉・チーズ(亜鉛)、乳製品・牛乳(カルシウム)、ほうれん草・パセリ(カリウム)、ひじき・アーモンド(マグネシウム)などがあり、これらの食材をバランスよく取る事で、女性ホルモンが活性化されてフェロモンの促進につながります。
ジャンクフードなどは、摂取しすぎると女性ホルモンの代謝を低下させてしまします。カロリーも高く、女性にはあまり良いことはないのでできるだけバランスの良い食事を心がけ女性ホルモン活性化させ、フェロモン漂う女性に近づきましょう。

 


■ストレス
ストレスを感じると自律神経が乱れホルモンのバランスが崩れてしまい、フェロモンが出にくくなります。
過度のプレッシャーなどで、精神状態が不安定だと脳がストレスだと感じる為フェロモンも出にくくなります。
フェロモンとストレスは大きく関わりがあるのです。ストレスを感じずに生活をすることは難しいですが、発散方法を見つけストレスをためすぎないようにすることが大切です。

 

《いい匂いと感じる人とは相性がいい?》
実はフェロモンは無臭なのです。ですが心地よい香りと感じる異性に魅力を感じるのは、自分とかけ離れた遺伝子を持つ相手だからなのです。
嫌な臭い(ニオイ)と感じる相手は、遺伝子が近い相手なのです。汗をかくとき相手の体臭が気にならなければ、遠い遺伝子を持つ相手の可能性が高いのです。
体臭はわきの下や首の後ろから出やすいといわれています。相手を選ぶ時の、一つのポイントとして体臭が気にならないかどうかはとても重要ですね。
自分にとっていいと思う匂いや、落ち着ける匂いを持つ異性を見つけ、そして相手にとっても同じ存在になることで人生のパートナーを得ることにつながりますね。
そうして、女性ホルモンを活発化させてあなたの持つフェロモンをより多く放出させてみてはいかがでしたでしょうか?

《フェロモンによって遺伝子の遠い人を求める》
無意識のうちに人は、遺伝子の遠い相手を求めます。そういう相手の体臭は、自然と気になりません。そして本能でフェロモンを嗅ぎ分け、体臭の気にならない相手を好む傾向にあります。

どうでしたか?
目に見えないけど本能で感じる的な!!

昔からこうして男性と女性が目に見えないフェロモンに刺激を受けて、恋に落ちてきたんだなぁと思うと、フェロモンって素晴らしい。
そもそもフェロモンっていう響きが素敵ですよね!!笑

atama.labo  西村